• suburbia

【CUT】普段使いの髪形



例えば、友だちが髪をバッサリ切って、ショートにしたとします。

会った瞬間に、まず髪形の変化を感じ、印象の変化を感じると思います。

「 可愛くなった 」 「 明るくなった 」 など、、。

髪形はその人のイメージに大きく影響します。


それは洋服と一緒で、その人のセンスを髪の毛に直接移す、 『 ファッションアイテム 』 となっています。しかし、洋服と違う点が1つ。

洋服は日ごとに変えますが、髪形は毎日同じモノを身に付けている。


髪形は 「 24時間、肌身離さず身に付ける。」


この、毎日身に付けるファッションアイテムを、どれだけ今の感覚を取り入れつつ、アイテム化していくか?


但し、流行を追い過ぎて堅苦しいモノにするのではなく、普段着感覚で着れるような、いつの時代にも飽きのこないスタンダードを進化させた 「 ニュースタンダード 」 な髪形に。


それは、定番のデニムにスキニーやバギーなど流行が到来し、新しく定番となっていったような感覚。そんな気持ちで、ボクは毎日ヘアを造っています。

「 扱いやすい 」 とか 「 ラク 」 だとか、髪形を 「 機能的 」 にするコトが、

‐ suburbia ‐が造る髪形です。機能的にするには、「 髪質・顔立ち・骨格 」 といった

「 素材 」 を知ること。その素材を知った上で、それぞれを活かしてフィットさせていく。すると、自然とその人の雰囲気にもフィットし、こうして 「 似合う髪形 」 が生まれます。


あとは、このフィットさせたデザインを軸に、長さや前髪を決めて、カラーやパーマでその素材感を柔らかくしたりするだけ。

こんな感じで、髪形を切る前に、順序と秩序を考えています。


それが、イメージをカタチにするための、正確な手順。

それを間違うと、時間もかかり、お客様との口数は逆に増え、手数が減っていくのです。 そうならないための髪形の作り方の手順が、‐ suburbia ‐ にはあります。


チークを入れてから、ファンデーションを塗らないのと同じです。


御来店お待ちしております!







閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示