• suburbia

外国人風とNaturalの世界





こんにちは。オーナーの石川ヒデノリと申します!


私はとにかく外国人風が大好きで小学生の頃、姉が愛読していた女性誌に夢中になっている時期がありました。

雑誌を開けば外国人のモデルがページを彩っている可愛さ、カッコよさに感銘を受けました。どれをとっても素晴らしい。

小学生ながらに 『 外国人風とは何か?』

『 本当に外国人風にするということはどういうことか?』

言葉だけに振り回されないナチュラルとは何か。


2006年に創業以来、一貫した「外国人風=乾かしただけでキマる」にこだわりを持ち、そのための技術開発をはじめ、お客様が家で出来ることを最優先に重きを置いています。

9年以上の間、自分達の目と手で、お客様の髪という素材と向き合ってきた経験と

ナチュラルに対する一貫したポリシーで外国人風を日本人に落とし込むことで

『 身近に、外国人風の素晴らしさをもっと知って頂けるきっかけになる美容室でありたい。』 そう想いを巡らせています。


この何年間の中で、N.Y.・L.A・London・Paris・Sydney・Florida等で本物の外国人を肌で感じ、髪形・髪色・質感・スタイリングをそのまま日本に持ち帰り

『 同じ日本人の人達に落とし込みたい!』 と思い続けてました。


これらを髪形・髪色・質感として落とし込んだモノが弊社独自の

カット・カラー・質感の技術の提供です。

気取らない。シンプル。そしてフィットする。まさに究極の普通。


ここは確かに日本です。しかし私は日本人であり、日本人である限り彼らの容姿には理由なきカッコ良さがあることは否めず、正直に素敵だと想う気持ちは今も持ち続けており、

外国人風という要素を技術というフィルターを通して、お客様に落とし込んでいくことが

当面の目的とやりがいです。


通算5万回以上も切っていれば、大体はわかっているつもりですが、こんなふうな、ずっと愛せる髪形を提供し続けたいという想いでいます。


お客様を切り終えた瞬間から始まる 「 髪の毛が伸びるという現実 」。極端ですが、切った瞬間からも伸び続けている。

だからこそ考えるのは 「 伸びてもいい感じ 」 & 「 型くずれしにくい保ちのよさ! 」。


常連様も御新規様も今後とも‐ suburbia ‐をどうぞ宜しくお願い致します。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示