• suburbia

ヘアカタログじゃない。ヘアスナップでもない。

特集された日本のヘアカタログは、何時間もかけてセットした美容師の手が加わり過ぎている。


予めモデルは決められ、モデルはあちこちの美容室で撮影されているがために、前の撮影のそのままを手間暇かけて、丹念にスタイリングで作り直す。

目的は撮影のため。


そして、ヘアスナップ。


偶然通りかかった風なシナリオで載せられる。

編集者から連絡を受けた美容師がモデルをスタイリングして、撮影場所に誘導する。

美容師の手を加えてない風に撮影する。 目的は撮影のため。


‐ suburbia ‐に来店される皆様のほとんどは、これらの切り抜きを持参しません。


ヘア用に撮ったモノではなく、何となく写ってたモノ。

すごいちっちゃいモノ、なんだかわからないようなもの。

たとえバストアップでカメラ目線だとしても、ヘアスナップ用に撮られたモノではない。

だけど、共通しているのは、日常のリアルな目線。目的は日常のため。


創作撮影を落とし込むのではなく、日常撮影を落とし込むこと、これが‐ suburbia ‐の目指すものです。


御来店お待ちしております!







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示