• suburbia

外見という言葉は、周りの人がいて初めて機能する。

外見=客観視=他人の目。

もしくは、鏡に映った自分を見ること。

または、自分の写真を見ること。

美容師の仕事は、髪形という外見の一部を担う仕事です。 


髪形で外見の全てが変わるわけではありませんが「顔周りという大事なパーツ」

を担っている、大事な仕事です。

その人を良くしようと考える時、客観視が出来なければ、周りの人からの良い評判を得る

ことは出来ないというのが‐ suburbia ‐の考えです。


「外見」という言葉は、周りの人がいて初めて機能するものです。


評判はそれによって生まれ、それが良い髪形と認識するのに、

『あっ、この髪形にして良かった!』

という着地点が後押しする。


アナタは無人島で髪形を気にしますか?


御来店、お待ちしております!






閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示